いろいろと自分に変化が起こった気がする

この1年の間に様々なことを知った。
一つ知れば連鎖的に他のことも知ることになり、正直知りたくもないことまで知ることになっていく。
かつて経験してそれなりにきちんと理解していたつもりのことが、新たに知ったことをもとに捉えなおすとずいぶんと違った理解になることが多く、自分の判断基準としていたものの多くを再構成しなければいけない事態になった。
世界観が根底から覆る、とまではいかないものの、ものの見方や評価の仕方が否応なしに変わる。
だがそうやって描き直した風景が、中途半端に世の中のことを知った時期の理解より何も知らなかった幼児期の印象に非常に近いのだ。
なんだやっぱりそうだ、ほらみろやっぱりそうじゃないか、という、嘘つきだと誰かを責めたいような気分すら湧き上がってくる。
でも子供の頃先入観を持たずに自分で判断した内容が概ね正しかったことが分かってほっとしているのも事実だ。


誰でもがネットを使うようになって誰でもが何でも知ることができるようになれば世の中は良くなる、と思っていたが、実際はそうでもない。
大半の人は見たいものだけを見る。見たくないものが視界に入った場合甚だしくはその対象の存在を否定したり壊したり殺したりしようとする。そういうのがわりとごく普通に見られる。
ネットがそのための手段として使われている。
良く使えばより良くなるものが常に良く使われるわけではないのだ。そもそも善悪自体絶対ではない以上、対立する一方が良く使えばもう一方にとって悪に見えるだろう。


悪い意味で、誰もがネットを彼らなりに使いこなすようになった、ということだろう。
ではネット外は平和なのかといえばそれは当然違っていて、昔からある不和の類は依然として有るし、ネットやコンピュータに縁のない人特有の面倒や、それを前提とした諸々の行動様式がどうにも耐え難いものになってしまう等々、どちらを向いても嫌な気分になるものが必ず見つかる。


そういうのが嫌で今年中ごろは気分を害すようなものは徹底的に視界から排除するよう心掛けていた。
だがそうして数か月過ごしてみて、全体として何かが良くなったかというとそうでもなかったのだ。
結局以前とあまり変わらない、色々と雑多なものが見えるように戻した。自分にとって耐えられない、限度を超えているように感じられるものも時々見ないと、自分の立ち位置が分からなくなる感じなのだ。
つまり自分は自分の中に絶対的な判断基準を持ち合わせていないということなんだろう。
これは慣らされれば流されるということでもあるように思う。
振り返ればあの時注意を緩めたのは間違いだったと反省している出来事はいくつもある。慣れてしまったせいで事の重大性を徐々に過小評価するようになっていたのだ。
また、そういう風に誘導する者がいることもよく覚えておいたほうがいい。


ユートピア的なものはネットのどこを探してももう見つからない。
誰かがそういう空間を作るに違いないと期待していたが、そんなものは実現不可能なのだ。
せめて自分が個人的に使う範囲だけでも快適に整えておくくらいのことしかできない。
残念だ。
残念だが、そうと分かった以上頭を切り替えていくほかない。
その結果かつて自分が嫌った人間に自分自身がなることになるのかもしれないが、その嫌っていた自分は誰かに緩やかに騙されて作られた自分だったのかもしれないのだ。
子供の頃低い身長から見上げて思ったことを思い出すと、別に悪いことではないようにも思える。

この一年でスペイン語がかなり身についた

やはり本を買ってきてそれだけで勉強しても効率が悪いのだった。
ネットで手に入る膨大な文章を元に単語帳を生成しまず最低限の単語を覚えた後、ネットで手に入る生きたスペイン語が使われている動画やストリーミングを使って耳を慣らし、それと並行して本を使って文法などを少しずつ身に着けていく、という方法で大きく進歩した。
それ以前さっぱり身につかなかったのは、最初に買った本の出来が極めて悪かったことと、生きた見本がなかったのが問題だった。
特にこの数年の間にラテンアメリカスマートフォンの普及が進んでネットにスペイン語のコンテンツが激増した恩恵が大きかった。スペイン語のリスニングは英語とはまた違った難しさがあって、教科書的な勉強だけでは全く役に立たない。


ずいぶん理解できるようになったことで、楽しめるコンテンツが急に増えた。
ずっとネットというものに退屈していたのでうれしいことではあるが、一方で以前から感じていた「スペイン語など学んでも無意味かもしれない」という漠然とした印象の正体も見えてきた。
ずっと前にオランダ語アラビア語をかじったときには「無意味かもしれない」ではなく、はっきりと「無意味だ」と断言できていた。あれはその土地の言葉とは別にその土地の人にとっての"余所行き"の言葉があって、外部の人間が聞いて意味のあるような話はたいてい余所行き言語の英語で得るほうが手っ取り早かった。
言葉に注目するとその社会は上下に二分された階層があって、ローカルな方を見ると世界中どこにでもあるありふれた日常のバージョン違いのようなものが見えてくるだけだったのだ。人間というのはどこに行っても根っこの部分では大差ないのかな、という感想を得てやめたのだった。
スペイン語の場合、スペイン語圏が巨大なので皆スペイン語だけできれば上から下まで何でも揃う、という感じで、したがって高尚な話から下世話な話まで全部視界に入ってしまう、そのせいで見る必要のないものや見たくないものがたくさん視界に入ったから無駄かもしれないと印象を時々受けていたのだった。
英語は国際語としての性格が強い分幾分高尚だったり難解だったりする話が多いのだろう。その英語と比べるからがっかりすることが多かった。
だが日本語で経験していることとだいたい同じなわけで、以前感じた根っこの部分では大差ないというのが確信に変わってきた。
ある意味ではようやく人間というものが理解できてきたということなのかもしれない。
今まで人間についてあまり理解できていなかったということに気づくというのはなんだか奇妙な気分である。
人間について理解できていないということは自分自身のことも理解できていないということを意味するだろうし。


それで、日本の人口の4倍ほどを擁する文化圏のコンテンツが楽しめるものとして現れた結果、その量に圧倒されている。
スペイン語に似た言語についても結果的に少しだけ理解できるようになるので、その分も合わせると見える世界の広がり方は実に劇的だった。
英語がわかってきた頃も世界の広さに気づいて感激したものだが、余所行きでない丸ごとの文化圏が見えるようになるのは次元が違う。


これだけ見聞きできるものが増えると、自分自身が変わっただろうと思う。違うことをしているという意識はないものの、以前の自分ならそうはしなかっただろうと後で気づくという経験が増えてきた。
人間的な成長にもつながっているように思う。
なんとかしてスペイン語を身に着けるべきだと感じてだらだら続けてきたが、ようやく実を結んだ。
あとは単純に語彙を増やして背景となる文化について理解を深めればスペイン語圏で不自由なく行動できるようになるだろう。
ある程度の達成感を感じている。

ずいぶん時間が経った気がしている

もう数年経ったように感じていた。
実際には8か月ほどだった。
年の初めとは何もかも変わった感じがしている。


書くに値しないことは書くべきでない、書くに値する知識や知見は自分一人で独占したい、そう思って書かずにいた。
それはそれで良かったと思う一方、単に書くことそのものによって得られるものがあって、そっちは決定的に欠落していてこっちは良くない。
ここには書かなくてもTwitter等には事あるごとにあれこれ書いていて、そういう意味では何もしていないわけではないものの、ある程度まとまった長さで文章を組み立てるほうが面白いし意味のある考察につながりやすい。


書かずにきちんと考える習慣が身についてきたせいでそれほど書く必要がなくなってきたのは確かにそうかもしれない。
PCを使う時間が減りスマートホンを使う時間が増えてきたせいで記録の残し方も変わってきた。
機動力が増した、と表現できるかもしれない。だが自分自身が必要以上に流転する存在になってしまって、根無し草とまでは言わないまでも、重心が不明というか、基点がよくわからないようだと歩を進めにくいのではないかな、と感じることも多い。


長いこと必要以上に縛られて嫌な気分になっていた反動もあったのかもしれない。
バランスの問題だろう。

人の手を経た情報の方がいいか、生の情報の方がいいか

情報収集をするにあたって、できるだけ一次情報に近いほうがいいと思ったり、やはり昔からあるメディアは多くの人の手と目を経ている分一定以上の質が保たれていると思ったり、時期や状況によっていろいろ考えが定まらないでいる。
一定の質が保たれるものは最低限の質が保たれる一方で最高側も限られる。
鮮度やら臨場感やら探り当てた感がほとばしるような最高の記事というのは極めて自由に取材して幸運に恵まれて作り出されるもので、それが連続することは極稀だ。
またどこに軸足を置いているのかで同じ事実に直面しても捉え方や理解の深さや方向性が随分変わるもので、自分とあまりにも違う前提で書かれたものは時に意味不明で、しかし自分とあまりにも似た視点で書かれたものも読んでも時間の無駄になるだけだ。
結局、なんだかよくわからないなと思いながらいろんなものを合わせ読んで再構成していくほかなく、したがって無駄のない情報収集というのはあり得ないということになる。
もうそういうものだと割り切って、その上でなるべく効率よく見ていくしかない。
そしてどうしてももっと詳しく知りたい、誰よりもきちんと理解しておきたいと思うものについては自分の目と耳で直接接するに限る。

肩の荷が下りて楽になる

Firefox用のアドオンの開発は自分で必要にならない限り当分やらないと決めてしばらくたつ。
やらなくなると自分で考えていた以上に義務感から続けていた面が強かったと感じる。
アップデートが無くても日頃行っていた諸々の情報収集も必要なくなり、解放されて気分的にずいぶん楽になった。
遊びの延長でやっているつもりだったが苦痛の方が大きかったのだろう。
極めつけがFirefoxのエコシステムから出て行けという意思表示に直面して、ほんとにどうでもよくなってしまった。


主に使うブラウザはもうだいぶ前からChromeになっている。
ずいぶん前に試したときはまだ自分の期待に及ばない部分があったが、今はアドオンも充実していて問題ない。


情報の集め方は今まで数年おきに変わってきた通りまた少し変わることになって、このメリットが意外と大きい。
時間の節約にもなる。
Thunderbirdの使用もやめるかもしれない。必ずしも必要ではなくなってきた。FirefoxどころかMozilla製品すべてを使わなくなることになるのだろうか。


とにかく、楽な方、手軽な方を選ぶ。
ただそれだけのこと。